ギャンブルゲーム映画作品

映画は常に特別な関心を集めます。なぜなら映画は(時に過激な方法ではありますが)最高の宣伝になるからです。映画は、観客の目を引く方法を簡単に見つけ出します。そこでは様々な社会問題や政治のテーマが扱われます。いま世の中で議論されていることが、明日には映画になっているかもしれないのです。

カジノや賭け事は、その登場以来、よく映画のストーリーに盛り込まれるようになりました。ギャンブル映画は、クラップス、バカラ、ルーレット、ポーカーといったカジノゲームの基礎を知るにもぴったり。そして幸いなことに、ギャンブル映画の名作を見つけるのは簡単です。

ただし、最高の一本がどれかを決定するのは容易ではありません。ナンバーワンのギャンブル映画作品を選び出すのは、非常に難しいのです。というのも、それぞれの映画作品は、技術、予算、経済、政治などの状況が異なる時代に撮影されてきたからです。

時を超えた名作 – ギャンブル映画ランキングTOP10

  • ジャックポット(1974年)
  • ザ・ギャンブラー/熱い賭け (1974年)
  • ハードエイト (1996年)
  • シンシナティ・キッド (1965年)
  • ルール・オブ・デス/カジノの死角 (1998年)
  • ラウンダーズ (1998年)
  • スティング (1973年)
  • ハスラー2 (1986年)
  • アトランティック・シティ (1980年)
  1. カジノ (1995年)

【邦画】ギャンブル映画ランキングTOP5

ここでは、ギャンブルゲームを題材にした邦画作品ベスト5(順不同)および、ギャンブル業界と映画業界に与えた影響についてご紹介しましょう。最も人気おすすめのギャンブル邦画作品は、『賭ケグルイ』『カイジ:ファイナルゲーム』『カイジ:人生逆転ゲーム』『カイジ2:人生奪回ゲーム』『乾いた花』の5作品です。

世界的に有名なギャンブルプレイヤー5名

ギャンブルがこよなく愛する有名人、歌手、ミュージシャン、作家、俳優、スポーツ選手は数多く存在します。実は、こういった芸能人やアーティストがカジノにいる時に、名作ヒットとなる作品や曲、映画作品が生まれることもあるのです。 

ギャンブルの目覚ましい発展により、ギャンブル好きにとっては娯楽や観光の選択肢が大幅に増えました。カジノは合法の娯楽として人気となり、この危険な流行に乗って大胆不敵なギャンブラーたちが名を馳せました。

今回は「成功した大胆不敵なギャンブラー」として知られるカジノギャンブラーのトップ5をご紹介しましょう。

  1. エドワード・ソープ – 慎重に自分の動きを選択する独創的なギャンブラー。理論と技術を最も重視し、熟考するタイプです。

認められているトリックを効果的に使うのを好んだりと、とにかく予想がつかない人物です。ギャンブラーであるだけでなく、数学教授、発明家、経営者であったことも特筆すべきでしょう。

  1. ビリー・ウォルターズ – スポーツベッティング分野の第一人者であり、30年間にわたってギャンブルシーンを席巻してきました。ポーカー、ブラックジャック、ルーレットなど、さまざまなカジノゲームを得意としています。
  2. ドイル・ブランソン – ポーカープレイヤーになる前は学校の責任者で、空き時間にオフィスでポーカーを楽しんでいました。

「テキサス・ドリー」という名で、ワールド・シリーズ・オブ・ポーカーでも2度の優勝を果たしました。現在は業界から引退し、ネバダ州ラスベガスに住んでいます。

  1. クリス・マネーメーカー – 彼は常に成功と栄光を求めて生きてきましたが、スタート時点での経済状況は恵まれたものではありませんでした。しかしそれでも、わずかな資金を努力、そしてアマチュアプレイヤーが持つわずかな運をうまく利用し、これを何百万ドルにも増やし大成功。

ポーカースターズでバイインチップが39ドルのオンラインポーカー・トーナメントに、借金を返すために参加したのが、この業界に入ったきっかけだったとか。 

  1. フィル・アイビー – トーナメントで最も稼いだギャンブラーの一人。ワールドポーカーツアーのファイナルテーブルに9回出場しています。

最も多才なポーカープレイヤーと言われていたフィルですが、その経歴には大きな汚点が残されています。2つのカジノでエッジソート方式の不正行為に関与したとして、勝利金の支払いを拒否されたのです。