三国志外伝 曹操暗殺

キャスト&スタッフ

チョウ・ユンファ,曹操

チョウ・ユンファ,曹操

魏の礎を築いた『三国志』の巨星

1955年5月18日香港生まれ。73年にTVBの俳優養成所に入り、卒業後の75年TVドラマ「狂潮」で主役に抜擢される。数多くのドラマで主演を演じて人気を博す。75年『投胎人』(未)で映画デビューを飾る。80年に主演した「上海灘」が視聴率60%を超える大ヒットドラマとなり、香港での人気スターとしての地位を確立させた。84年『風の輝く朝に』で台湾金馬奨主演男優賞、アジア太平洋映画祭主演男優賞を獲得し、“亜州影帝”と呼ばれる。86年『男たちの挽歌』が大ヒットし、香港電影金像奨最優秀主演男優賞を受賞するなど、香港のみならずアジア中で人気スターとなり、マネーメーキングスターNo1の地位に就く。そして活躍の場をアメリカに移し、98年『リプレイスメント・キラー』でハリウッド・デビューを飾る。現在は香港に戻り、中国作品中心に活躍中である。主な出演作品に、(86)『プリズン・オン・ファイアー』(87)『誰かがあなたを愛してる』(87)『大丈夫日記』(88)『過ぎゆく時の中で』(89)『狼/男たちの挽歌 最終章』(89)『いつの日かこの愛を』(89)『ゴッド・ギャンブラー』(89)『狼たちの絆』(91)『ハードボイルド/新・男たちの挽歌』(92)『大陸英雄伝』(95)『NYPD15分署』(99)『アンナと王様』(99)『グリーン・デスティニー』(00)『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(07)、『孔子の教え』(10)『シャンハイ』(10)『さらば復讐の狼たちよ』(10)『ラスト・シャンハイ』(12)

リュウ・イーフェイ,霊唯

リュウ・イーフェイ,霊唯

哀しき運命を背負い曹操に近づく美女

1986年8月25日中国・北京生まれ。ニューヨークで育ち、01年ドラマ「金粉世家」でデビュー。その後、16歳にして金庸原作の超話題ドラマ「天龍八部」の王語嫣(おう・ごえん)役に大抜擢され、その浮世離れした美しさと天性の演技力で人気が爆発、04年の中国四大美人女優に選出された。北京電影学院で学びながらも、美少女アイドルスターとして若者たちに絶大なる人気を集め、06年にはもっとも注目されるドラマとの前評判が高かった「神雕侠侶」で、ヒロイン・小龍女(しょうりゅうじょ)役を射止めた。また06年には日本で歌手デビューも果たしている。その後、映画ではジャッキー・チェンとジェット・リーが夢の共演を果たした『ドラゴン・キングダム』(08)にも抜擢されるなど、中国映画次世代の期待すべき女優として活躍している。主な出演作品に『五月の恋』(04)、『恋愛通告』(10・未)、『倩女幽魂』(11・未)、『項羽と劉邦』(11)、『四大名捕』(12・未)、『四大名捕Ⅱ』(13・未)がある。

玉木宏,穆順

玉木宏,穆順

使命と希望を胸に秘め献帝に仕える宦官

1980年1月14日愛知県生まれ。88年俳優デビューを果たし、01年映画『ウォーターボーイズ』で注目される。NHK連続テレビ小説「こころ」(03)で全国的に知られることとなり、『雨鱒 の川─初恋のある場所─』(04)で初の主役を務める。その後、TVドラマ「のだめカンタービレ」(06)に出演し、高視聴率を記録。人気を不動のものとする。本作はその後映画版も 大ヒットし、韓国、香港など東南アジアでも公開されたことで、その名を知られることとなる。その後も、『真夏のオリオン』(09)、『Mw-ムウ』(09)等の映画や、「鹿男あをによし」「ラブシャッフル」等のTVドラマに相次いで主演を果たしている。また歌手としても04年のデビュー以降、国内外で精力的な活動みせるほか、カメラマンとしても活躍している。

監督 チャオ・リンシャン(趙林山)

1975年1月1日中国生まれ。中国にてCMディレクターとして活躍し、本作にて映画デビューを果たす。本作の中国国内での大ヒットを受け、アメリカ・中国芸術協会(CAAC)にアメリカへ招待され、同協会から「アジア優秀監督賞」を受ける。

美術監督 種田陽平

日本を代表する映画美術監督の一人。邦画話題作の他、クエンティン・タランティーノ監督の代表作『キル・ビル Vol.1』(02)、台湾で空前の大ヒットとなったウェイ・ダーション監督の『セデック・バレ』(13)、中国で大ヒットし、第69回ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネートされたクリスチャン・ベール主演、チャン・イーモウ監督の『THE FLOWERS OF WAR 金陵十三钗』(11・未)、俳優キアヌ・リーブスの初監督作品『MAN OF TAI CHI 太極侠』(13・未)などを手がけてきた。

『小さなルーブル美術館展』『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』『種田陽平による三谷幸喜映画の世界観展』など、展覧会の仕事も手掛ける。これまでの仕事が評価され、10年には芸術選奨文部科学大臣賞を、11年には紫綬褒章を受賞している。

公開最新作は三谷幸喜監督作品『清須会議』(13)。現在は2014年夏公開予定のスタジオジブリ作品『思い出のマーニー』に携わっている。主な映画作品として『スワロウテイル』(96)、『不夜城』(98)、『イノセンス』(02)、『THE 有頂天ホテル』(05)、『フラガール』(07)、『ザ・マジックアワー』(07)、『アマルフィ 女神の報酬』(08)、『空気人形』(08)、『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』(08)、『悪人』(09)、『ステキな金縛り』(10)などがある。

音楽 梅林茂

ニューウエーブ・ロックグループ「EX(エックス)」活動後、映画音楽の作曲を手掛けるようになる。『それから』(85)、『友よ、静かに瞑れ』(85)、『 居酒屋ゆうれい』(94)、『トカレフ』(94)で、毎日映画コンクール、横浜映画祭の音楽賞を受賞する。

ウォン・カーウァイ監督作では、『花様年華』(00)をはじめ、香港電影金像奨と台湾金馬奨を受賞した『2046』(04)を手掛け、その他アジアではチャン・イーモウ監督の『LOVERS』(04)と『王妃の紋章』(06)などを手掛ける。

また欧米ではイタリア映画『Dark Sea』(06・未)、ピーター・ウエバー監督『ハンニバル・ライジング』(07)、ファイト・フェルマー監督『Abusurdistan』(08・未)、ユアン・マクレガー主演の『ブローン・アパート』(08)、トム・フォード監督『シングルマン』(10)、マイケル・ウィンターボトム監督『トリシュナ』(11)など多数を手がけ、メキシコ映画『Days of Grace』(11・未)ではメキシコのアカデミー賞である,第52回アリエル賞最優秀音楽賞を受賞した。2010年からはベルギー、ポーランド、ドイツ、ギリシャをはじめヨーロッパでフィルム・ミュージック・コンサートを展開中である。最新作には、『グランド・マスター』(13)、イタリア映画『Like The Wind』(13・未)などがある。